仲介手数料って何?

不動産にはいろいろ疑問がありますが、仲介手数料というのもそのひとつではないでしょうか。 不動産業者という人たちが、売上げを得ると言うのは、ほとんどがこの仲介による媒介手数料と言うことになります。

不動産売買と言う時、不動産会社が一社と言うことならば、 売主・買主の双方から手数料を得ることが出来ます。 それをダブル手数料という呼び方をする時もあります。業者はやはりこのメリットを得たいと思っているものです。 仲介業者が2社あるという場合、仲介業者・Aが売主から売却の依頼を受け、仲介業者・Bは買主に物件をあっせんするというケースになり、 それぞれの手数料を得ることになります。 共同仲介、片手などという呼び方もします。そこで、私達はどのような不動産屋がいいかということを選択もしていかなければなりません。

売主から売却の依頼を受け本来は指定の流通機構(レインズ)に登録をしなければなりません。 他の会社にも物件の情報を公表するためです。 しかし、悪徳業者は、買い主からも手数料を得ようとし、 レインズに登録をしないと言うことが起こります。 そのような不動産に売却の依頼などお願いすれば、売却のいい機会を逃してしまうことになります。

しかし、悪しき手数料の習慣が、不動産屋のルールによって温存され続けているという迷惑がここで起こっています。 高すぎる不動産手数料も大いに私達は関心を持って見つめていかなければなりません。更に深く追求しましょう。

~不動産情報関連サイト~
東京23区の中古マンションの相場がわかり、
なおかつ仲介手数料が無料の良心的な不動産情報をまとめ ・・・ 東京 中古マンション